周波数を有効活用 電波の立体交差で快適通信

車が増えれば道路は渋滞します。これは通信も同じこと。動画や画素数の多いデジカメのデータ、大きなファイルなど情報量の多いデータや、無線を使用するユーザーが増えれば速度が低下し、通信の「渋滞」が発生します。渋滞解消のためには車線(チャネル)を増やすために道幅、つまり周波数の幅(帯域幅)を増やせばよいのですが、隣接の土地(周波数)は別の人たちが使っていてもう空いていません。  それならば空間を利用して道路を高架にすればよいのです。車線数(チャネル)も増え、交差点の信号待ち(パケットの衝突や再送待ち)もなくなります。電波も指向性アンテナを使うことで空間的に分けることができ、一つの土地(周波数)を重ねて使うことが出来ます。このような技術は「空間多重」(SDM: space division multiplex)と呼ばれます。その空間多重を、様々な無線システムが共用しているISM帯等において実現するため、以下の課題等に取り組んできました。

小型高性能アンテナ素子と構成法

  • 小型携帯無線端末に搭載可能な小型SDM用機能アンテナ素子の開発

低演算量適応空間信号処理方式

  • 端末用SDM適応信号処理および素子指向性制御方式の開発
  • 物理レイヤ、MACレイヤの通信手順を中心とする無線通信方式の開発

電波伝搬機構の解明

  • 移動しながらの伝搬路測定を実現するリアルタイムベクトルチャネルサウンダの開発


ATR 波動工学研究所